業務連絡です

本日のエントリー、業務連絡です。

ダウンロード版のマニュアルをお申込いただいた
京都のKさん、事務局からの連絡は受け取っておられますでしょうか?
現状、こちらからメールを送信しても戻ってきてしまいます。
Kさん側のサーバ設定か、長いアドレスに問題がある可能性があります。
出来れば別のアドレスなどを
info@kaigyosien.comまでお知らせ下さい。

畑違いから学ぶ事

こんにちは、自転車親父です。
今年も押し迫ってまいりましたが、みなさんいかがおすごしですか?
000111.jpg

さて、今日のエントリーは少し抽象的なお話です。
前回のエントリーで「お金の返し方」なんてテーマをとりあげました。
タイトルが「借金の達人に学ぶ」でしたね。
このタイトルだけを見て
「あ、ウチは借金無しの健全経営だから関係ないや」なんて
読まなかった人もいるかもしれません。
・・・実はそういった姿勢が問題だと思うんです。

自分に関係ない事に興味を持たないというのは
やはりある種の「機会損失」なんじゃないでしょうか?
端的に言って「うちは自転車店だから」といいながら
他業種のビジネスにまったく興味を持たない人、結構多い気がします。

例えば喫茶店。
おいしいコーヒーとサンドイッチを出しておけば
お客さんはかならずやってくる。
このような昔ながらのやり方一辺倒の思い込み。
まさかドライブスルーのハンバーガーショップや
紙カップのスタンドコーヒー店にやられるとは
まったく想像しなかったのではないでしょうか。

家族連れに人気の回転寿し。
まさかあの流れる仕組みが
工場や養鶏場などのベルトコンベヤを使ってみた、
なんてことは町の寿司屋は思いつかなかったのでしょう。

喫茶店の専門的知識の中には
モータリゼーションの変遷は無かったでしょうし
寿司店の知識にはベルトコンベアはやはり無かったでしょう。

自転車店も専門職なので
うっかり自分の尺度だけで物事を判断しがちです。
ここは柔軟にいろいろな事象に興味を持ち、
なおかつそれを自分の仕事に生かす方法を考えてみて下さい。

さて、今年のエントリーは今回が最後です。
マニュアルの販売は例年のようにカレンダー通りを予定しています。
お急ぎの方はダウンロードマーケットでお買い求め下さい。

ではまた来年。
みなさん、よいお年を。

このような自転車店開業に役立つ情報は‥‥‥
こちら→自転車店開業支援!

テーマ : 仕事のヒント☆
ジャンル : 就職・お仕事

借金の達人に学ぶ

こんにちは、自転車親父です。

new1.jpg


今回のタイトル、何の事だか判らないかもしれませんが
今日は自転車店に限らず、小規模自営業にありがちなお話です。

小規模自営業の弱点、というか避けられない事態に
「忙しいときはメチャクチャ忙しく、ヒマなときはものすごくヒマ」
・・・どうしてもこういう事がおこりがちです。

従業員数の多い業態の会社や工場などでは
それなりに忙しい人とヒマな人が混在するので
仕事を割り振る事で、忙しさを平均化する事ができます。
しかし小規模自営業ではそれはなかなか難しい。
ヒマな分にはまあ仕方ない、とおおらかに構える事も出来ますが
パニックを起こしそうに急がしい時は
どう対処したらいいのでしょうか?

ちょっと話がそれたように思うかもしれませんが
ひとつ参考になる話を聞いた事があります。

その話をしてくれたのは「借金の達人」
とある知人なのですが、お金にだらしなく
よくあちこちでお金を借りまくっている人がいたんです。
で、この人の「お金の返し方」が大変勉強になったんです。

「いいかい、3人から3万円ずつ、1人から10万円ずつ借りたとするよ。
その4人がいっせいに金を返せと脅してくるんだ。
ここでポイントなのが3万円も借金、10万円も同じ借金ということ。
とりあえず、10万の方は後回しにして3万円のほうから返すんだよ。
簡単に解決出来る方を優先すれば件数は確実に減る。
手元に10万返す金があれば、先に3人に3万ずつ返すんだ。
これで4人の債権者が1人になるんだからね。
10万を先に一人に返しちゃうと、まだ3人の債権者に脅されるだろ。
つい金額の大きい方を優先しがちだが、借金のプレッシャーは同じだからね。
とにかく手っ取り早く件数を減らすとずいぶん気持ちは楽になるんだよ」


いいですか?借金の話じゃないですよ?
「案件の解決」優先度の話です。
仕事をこなす優先度は「手近」で「容易」なモノを先に済ます。
案件数が減れば、忙しさのプレッシャーも幾分楽になる気がします。

借金はなるべくしないようにしていますが
仕事のこなし方という意味で、彼を見習っています。
皆さんはいかがお考えですか?


このような自転車店開業に役立つ情報は‥‥‥
こちら→自転車店開業支援!

テーマ : 仕事のヒント☆
ジャンル : 就職・お仕事

ビジネスとシーズン

こんにちは、自転車親父です。

夏が終わったと思ったら台風ばかりです。
ちょうど良い気候の春と秋が
最近は短くなったような気がします。

xxxx3.jpg

さて、今日はビジネスとシーズン(季節)のお話。

自転車店の傾向として
暖かい時期は忙しく、寒い季節はヒマという傾向があります。
これは自転車店に限らず町場の商売にありがちな現象です。
やはり暖かい季節は消費行動を含め
人間の活性が上がるからでしょう。
逆に寒い時期は外出を控えるなど活性は下がります。
このような事情で一般に寒い時期は売上が落ちます。

季節にはかなわないから、ヒマなのもしょうがない?
いえいえ、それでは旧来の衰退する自転車店と同じです。
ではどうすれば良いのでしょうか?

A,ヒマな日が多く、落ち込んだ売上をカバーする
  通常より多くの売上を上げる日を作る。
B,そのままでは店に来ないお客様が、
  店に来たくなる動機を作る。

簡単に何を言ってるんだ?とお思いでしょうか?

ではヒントを。
A,年末のボーナス、クリスマス、お年玉
B,ショッピングモールなどの集客イベントの仕組み

さあ、いかがでしょうか?
このヒントから「何を」「どうする」か
具体的方法論を考えつけば問題ありません。
それでも足りない場合、開業マニュアルとい手もあります(笑)

このような自転車店開業に役立つ情報は‥‥‥
こちら→自転車店開業支援!

テーマ : 仕事のヒント☆
ジャンル : 就職・お仕事

プロフィール

Author:自転車親父
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR